2020年7月は「大きく前進!」|本業・複業・お金・好きなことの4つの視点で振り返る

こんばんは!関東はようやく梅雨明けし、これからようやく夏がはじまりそうですね。

そして今日から8月がはじまりました!なんだか今年は本当にあっという間ですね。

月が変わったので、2020年7月の出来事を、わたしの人生を語る上での4つの軸「本業・複業・お金・好きなこと」で振り返ってみることにしました!

2020年7月の本業は「自由と責任の拡大」

本業であったよかったことは「役員会議の深いところに参加できることになった」ということです!

もともと経営陣に近いところで仕事はしていたのですが、もっと深いところまで入ることができたので、これからやるべきことが今まで以上に考えやすくなり、実行にもうつしやすくなりました。

責任も大きく増していますが、自分で意思決定できる領域も広がったので、とてもいい経験になっています!大変なことや苦労も多いですが、もっともっと会社を良くしていくぞ!引っ張っていくぞ!という思いに溢れてます。

一方で、後述する「複業」「お金」の部分に気持ちがかなり寄っていたこともあり、もう少し本腰入れられたかな…と感じるところは反省です。

8月は、7月に見えてきたやるべきことを、必ずカタチにする1ヶ月にしたいと思っています!

2020年7月の複業は「事件」

複業では大きな事件がありました。

わたしの複業先で、志を共にしながら一緒に仕事をしてきた上司が退職することが決定…。

わたしにとっては衝撃的な出来事で、久しぶりに「後悔」という感情が出てきました。

「後悔」は悔しいという思いとは違って、「もっと何かできたんじゃないかな?」という、自分が全力を出していなかったと思う時に湧き上がる感情だと個人的に思っています。

そんな思いはもうしないとあらためて心に誓いました。1日1日を自分なりに、全力で、過ごしたいと思います。

一方、そのおかげで自分が挑戦をしたことがない領域の仕事も任せてもらえることになり、自身の経験やキャリアの幅が一段と広がりそうなところにはワクワクした気持ちも感じています。

今後どうなるかわかりませんが、引き続き自分の複業先でも、社員が今以上にHappyになれるように、わたしができる努力をしていきたいと思っています!

また、後日別の記事で書きたいと思っていますが、このブログにも大いなる変化がありました…。

というのも、とうとう「Googleアドセンスの審査に合格」したんです!(拍手!)

正直1回では無理だと思っていたのでとても嬉しかったです!これも素敵な成果でした!

2020年7月のお金は「大いなる一歩!」

「お金」という観点では、2020年7月は大きな大きな一歩を踏み出しました!

というのも…

  • 確定拠出年金(iDeCo)を開始!
  • 積立NISAでインデックス投資を開始!
  • 高配当株投資をささやかに開始!

と、投資への第一歩を大きく大きく踏み出した月だったんです!

大した金額を投資していないにも関わらず、さっそく株価の変動に一喜一憂する日々を体感していますが、本当に少額からはじめてよかったと身に沁みて感じています…。(そんなお金はまだないですが)いきなり巨額の投資をはじめていたら、毎日寝れていないかもしれません(笑)

8月は引き続き投資の勉強をしつつ、お財布の整理(1つの銀行で管理している預金を用途ごとに分解する)をする予定です。自由に使えるお金の上限をしっかりと把握し、不要な浪費をふせぎつつも、使いたい時には思いっきり使ったり、投資にまわしたいと思います!

2020年7月の好きなことは「密度が濃い」

「好きなこと」という観点でも充実した1ヶ月でした。

というのも、「旅行しました!」とか「友達とたくさん飲み歩きました!」とかそういった類のものはあまりないのですが、7月は本当にやりたいことだけに対してプライベート時間の大半を使うことができました。

7月は投資に対しての熱量が爆増していたので、投資にかんするYouTubeをみてインプットしたり、オンラインサロンの生配信にたくさん参加したり、実際に投資をしてみたり…。自分のやりたいと感じていたことばかりに時間を使えたのは7月という月単位でみても質の高い時間を過ごせたのではないかと思います。

また、コロナがきっかけではあるのですが、「あまり気が乗らないことはやらない勇気」が身につきました。これも個人的にはすごくよかったと感じる出来事です。

例えばですが、「なんとなく開催される飲み会」です。

以前は誘われれば参加していましたし、呼ばれないとちょっと寂しい気もしていました…。でも参加してもグチが多かったり、ポジティブな気持ちになれない類の話だったりで、「面白いと思えない自分がちょっと変わってるんだろうな」とか「もっと前向きな議論をしたいよ」とか考えてしまって、参加したら参加したで疲れることが多かったのです。

ですが、コロナの影響で飲み会自体が激減しました。そして、知人と食事をするときは「本当に会いたい、話をしたい人」に限定されるようになりました。わたしもそうですし、まわりの人たちも話を聞く限りではそうなっているようです。

結果的に、誰かと会っている時間のすべてが、自分にとって「不要不急ではない、大事な相手との時間」のみになったことで、1つ1つがものすごく有意義な時間(とお金の使い方)になりました。

ちょっとワクワクする話でいうと、7月からリッツカールトン東京のアフタヌーンティーが再開したので、友達と行ってきました!普段は予約自体もとりにくいのですが、このような環境ではあるので予約もスッととることができました。

窓際の景色の良い場所をご用意いただけて、仕事やプライベートの話などをじっくりできたのはとっても楽しかったです!

こういう時間が月に数回あるだけで満足度が違う(他は別になくてもいい)ということを学んだ7月でした。

最後に・・・

7月はわたしにとって実りが多く、「大きく前進した!」と感じた1ヶ月でした!まずはわたし、お疲れ様です!笑

8月が終わった時にも同じように、自分の夢の実現に一歩でも近づいているように努力していきます!

そして「好きなこと」ではそろそろ旅行もしたいのが本音です!旅行業界の経済をまわしたい…!